blog index

ALWAYS AROUND Blog

HONEY XのXbox360とXboxな日々。
ゲームの表現規制に対してもちょっと考えてます。
<< カメオおもしろかったー! | main | TBアンケート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
まだやっていた、トンデモゲーム脳
最近の任天堂さんの持ち上げられ方(360と比較してのレボリューションへの「期待」、PSPと比較してのDSの販売戦略、等々)に、まるで任天堂が「日本の好々爺」のごとく捉えられているようで、過去の評判(ポケモンの度重なる販売延期戦略、自殺者まで出た「バーチャルボーイ」)を知る身としては「違う!任天堂の本性はそんなもんじゃない!」と苦々しく感じていた今日この頃でしたが、

そんな任天堂の元会長さんが京大病院に寄付した事で、かのトンデモ学説「ゲーム脳」を唱えておられる著名な森教授から言いがかりをつけられているようなので、
ゲームを愛するものとして森教授のほうに反論を唱えておきたいです。

http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2006/03/45_7a23.html
こちらで3月5日に世田谷区主催で開かれた森氏の講演会のレポートが上げられています。

森氏の主張は大概「持論に都合のいい関連付け」と「憶測」によって成り立っているのですが、この部分にはちょっと私怨が混じっているというか、怨念を感じてしまいました。

サンデー毎日で、森氏を批判した京大の久保田競氏に対しての批判。
「お年をめしたのか」「ゲーム業界との関係のせいなのか」と主張。ちなみに、京大はゲーム業界から70億円もらっているので好きなことが言えないとのこと。これ本当なのだろうか。だとしたら、びっくり。(追記、任天堂相談役の山内溥氏が京都大学に私財70億円を寄付したという話、らしい。http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060222ik04.htm )。
 さらに久保田氏が、ゲーム業界の雑誌なのか引用元不明なのだが(メモ仕切れず。誰かメモできた方教えてください)、「ゲームをすると利益はあるとしても、害はいっさいない」と断言する文章を引用して、「データもないのに久保田氏はこんなことを言っている」と批判する。これが本当なら、たしかにぼくも久保田氏に対して「そこまで言い切るのはかなり問題」と感じる。久保田氏がどういう文脈で書いたものなのか是非知りたい。(ウェブで検索してみたら、久保田氏は、認知症防止のためのゲームソフト開発にかかわったことがある。それに関係するのかも??)


実はこの「私財80億京大病院に寄付」、山内氏の談話で「体を壊して病院のありがたみを知った」「病院内で学校に行っている子供たちにも元気になってゲームをしてもらいたい」という、あんまりいいお話すぎたので、任天堂さんに反感をもつ立場から別の意味でブックマークしていたのですが(笑)

この「美談」から「ゲーム脳を批判させるための寄付」という被害者妄想を発展させるとは、さすがビジュアル脳!ですね。想像力過多!ズバリ10円玉の立て過ぎでしょう。

そーんなこと言ったら、Xbox陣営の長であるマイクロソフトのゲイツ会長は、各種医療事業にウン億ドルという莫大な寄付をしているから、結核患者の人や、マラリアがゲイツ基金で治った人が、こぞってゲーム脳を批判してくれるはずですが、ありえないよね。
むしろ、暴力ゲームが多い、子供に不向きと評判で日本ではサンドバック状態ですが。

まあ、ゲームなんぞに夢中のバカガキに説教してゲームをやめさせれば犯罪も減って万々才なんて、善を気取ってる理論を採用すれば、実際にどうして犯罪を犯したのか考えなくて済むし、調査費用もかからないし、今の「憶測で説教・みのもんた社会」に見合った理論なのではないでしょうか。
| HoneyX | ゲームの表現 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:07 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://xbox.jugem.cc/trackback/107
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ